読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェット屋

生活をより便利にするガジェットをご紹介!! twitterにてオススメ商品の紹介もやってます♪

スポンサードリンク

原点回帰!?「iPhone 5se」が発売の兆し!!

どうもこんにちは、ガジェット屋です。


 近年、スマートフォンは多大なる進化を遂げつつありますが、その中でも2大スマホのひとつである「iPhone」にて、なんとナンバリングが一つ戻る形で、新型のモデル「iPhone5se」が登場するらしいのです!!
 今回は、現時点(2016/2/7)で、あくまで「こうなるだろう」程度の情報ですが、一部紹介したいと思います。

発売日について

 3月16日(日本時間)にiPhone5seについての発表があるとの事で、仮にその情報が真実なら、恐らくその後3月18日に予約開始3月25日、又は4月1日には発売となる見込みです。
4月1日に発売!→嘘でした(;´∀`)なんてエイプリルフールネタは勘弁ですww

3月31日に、正式に発売となりました!

様々な進化を遂げようとしている

 iPhone5seとなり、色々な部分での進化が噂されているので紹介します。

曲面ディスプレイを採用
 Galaxyでエッジ部分が曲面となっていましたが、このiPhone5seで噂されているのは、ディスプレイ全面湾曲している状態となる可能性が報告されています。
 しかし、ディスプレイ全面が湾曲している、と言うことはいわゆるブラウン管テレビのようになってしまうのでしょうか?そうなるとテレビとは逆の進化、つまり結果的に見づらい画面となってしまうような気がします。

湾曲ディスプレイの搭載は無く、iPhone 5sと同様の形状となります。


搭載チップがA8からA9へ
 iPhone5seには、当初A8チップが搭載されるのでは、という話もありましたが、最近になってiPhone6sと同様にA9チップ搭載との噂も出てきています。

f:id:fenderj:20160207112852j:plain

©小籠茶館 / 大どんでん返し?TSMCSAMSUNGに代わって大部分のAppleの次世代A9チップの受注をゲットか より引用

バッテリーの持ちの改善
 現在のiPhone6sでもヘビーに使わなければ、1日使ってもバッテリー残量を半分以上残す事が可能となりました。サイズが小さくA9チップ搭載となれば、バッテリー寿命に更なる期待が出来るのではないでしょうか。

iPhone6又は6s並のスペックでiPhone5の4インチサイズとなる
 今の5インチクラスのiPhone6sが、そのまま4インチまで小さくなると考えると、片手で操作したい方、手の小さい方にはかなりの朗報なのではないでしょうか。

ついに防水機能搭載となるか!?

 結局のところ、iPhone6sにも防水機能が付くとこはありませんでしたが、そもそも防水機能の特許申請中だとしても、最短10ヶ月から、長いと10年もかかるそうです。
 しかし、ここで一つ朗報です。実はその防水の特許関連をクリアした、との情報がリークしており、これが本当なら恐らくiPhone5seで防水機能が搭載されてくると想われます。
 あるいは、全くの嘘情報だとしたら、まだまだ防水機能はお預け、という事にもなりますので、過度な期待は禁物です。

公式の発表で防水の搭載は無しとなりました。

カラーバリエーションは3色で展開?

 iPhone5seのカラー展開は、シルバースペースグレイピンクとなるそうです。 シルバー、スペースグレイは大体いつもの色なので予想はつきますが、気になるのはゴールドが入っていないのと、ローズゴールドでなくピンクであること。
 Appleがピンクという色を出すということは、以前iPodでそれに近いと思われるカラーが出ており、かなり濃いピンクになると予想されます。

シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4色展開となりました。

f:id:fenderj:20160207111633j:plain

©予約.com / iPhone7/5se情報 より引用

まとめ

 現在、iPhoneユーザーの約32%がiPhone5を使っているそうです。
 その背景として、やはり4インチというサイズ感は、携行性、操作性という観点では群を抜いている為と思われます。
 近年、スマホは5インチクラスが主流となりつつありますが、そもそも昔のガラケーは操作するのに片手で十分でした。
 もう一度原点に返り、片手に収まる小さな携帯に、スマート(多機能)という名の無限の可能性を秘めた、本当のスマートフォンと言えるのではないでしょうか。
 ハイスペックになって原点回帰したiPhone5seの続報を待ちたいところです!

広告を非表示にする